国際スポーツ連盟(IVV)回数・距離認定                     
 平成21年9月13日の第18回丹後天橋立ツーデーウォークをスタートと
して、国際スポーツ連盟(IVV)の参加回数及び距離の認定を1つの
目標として、ウォーキングを楽しんでいます。なお、回数は3,000回
まで、距離は4,000kmまでワッペンとハットピンがあります。 

国際スポーツ連盟
(IVV=InternationalerVolkssportVerband)

 1968年、ドイツ・スイス・オーストリア・リヒテンシュタインの各
クラブ代表が集まり、「競争でなく、時間の制限もない、誰でも参加
できる、非強制的な、健康によいウォーキングを奨励する」ことで
設立する。その後、水泳、サイクリング、歩くスキーと種目を増やし、
現在、36カ国加盟。市民スポーツへの年間延べ参加者は1,500万人

日本市民スポーツ連盟
(JVA=JapaneseVolkssportAssociation)

 IVVの組織を知ったJWAは、日本サイクリング協会、日本水泳
連盟、日本健康スポーツ連盟などと協議し、1993年7月10日、
第2回富士河口湖ラベンダーマーチが開催されている山梨県河口湖町
において、フォルクマー・IVV会長(当時)出席のもと、設立総会を
開き認定を受ける。2000年よりサイクリング部門は日本サイクリング
協会より日本健康サイクリスト協会へ主管団体が変更となる。 
              ((社)日本ウォーキング協会の資料より) 

   
 IVV(JVA)回数認定  IVV(JVA)距離認定
10回 平成22年6月9日    500km 平成23年8月4日
   
 30回 平成24年8月2日  1,000km 平成26年10月22日
 50回 平成26年10月22日    1,500q 平成28年7月20日
   
  75回 平成28年7月20日