ウォーキングイベント
パソコンではF11でフルスクリーンでご覧ください。

第8回きのくに海南歩っとウォーク   

   


令和元年5月18・19日に開催された
第8回きのくに海南歩っとウォークに参加しました。

18日(土) 24・14・9・3kmのコース
19日(日) 25・17・11・6kmのコース

主催:海南市・海南市教育委員会・きのくに海南歩っとウォーク実行委員会・
朝日新聞社・日本ウォーキング協会
    
AJWC・KML・IVV(JVA)・500選の公式・認定大会

駐車場:中央会場に隣接して臨時駐車場が準備されていました。


18日(土)西・南コース「豊かな自然を歩く」 14km
 
総合体育館~JR海南駅~柿本神社~黒江のまちなみ~黒江コミセン~温山荘~
海南スポーツセンター~中野BC~藤白神社~JR海南駅~春日神社~総合体育館


  
 

道に迷い出発の10分前に会場に着きました。
急いで受付を済ませ最後尾でしたが、
太鼓の演奏の中なんとか出発できました。

幼稚園児をはじめ小中学生や若い人の参加が多い大会でした。

歩きやすい遊歩道です。

JR海南駅が見えてきました。スタートから3.2㎞地点です。
駅の裏側ですが駐車料金は250円/日でした。

 JR海南駅の構内を通り抜けます。

柿本神社に着きました。スタートから3.9㎞地点です。
獅子に頭を噛まれると頭が良くなる、健康でいられるそうです。
ここでのおもてなしは「冷やしトマト」でした。


 
黒江防災コミセン(紀州漆器伝統産業会館)では
「冷しあめ」のおもてなしがありました。5.6㎞地点です。

「みなと町神戸ツーデーマーチ」のPRで参加されていました。

温山荘園の拝観料が無料でした。スタートから6.5㎞地点です。

海南スポーツセンターです。6.9㎞地点です。
「さんしょぼと梅ジュース」のおもてなしがありました。
さんしょぼとは、はったい粉で作る飴のことです。

 
 中野BCでは「梅ジュースと庭園開放」のおもてなしがありました。
中野BCは日本酒・梅酒・焼酎などの製造・販売会社です。
スタートから9.6㎞地点です。

 
 
 
藤白神社では「お茶と種なし梅」のおもてなしがありました。
スタートから10.3㎞地点です。
藤白神社の本殿は紀州徳川家初代藩主徳川頼宜により再建されたそうです。 

 
 
 健康ロードに帰ってきました。

 
 
 春日神社では「バナナ・飴・お菓子」のおもてなしがありました。
スタートから13.2㎞地点です。
春日神社は平安時代には「正一位春日大神」と
位置付けられた格式の高い神社だそうです。

 
 
13:00前にゴールしました。

 
 
14㎞コースの参加者は452名、全体では1,575名でした。

 
 おもてなしの一覧表です。

 
19日(日)東コース「歴史と文化を歩く」 11km

総合体育館~とれたて市場~JAながみね営農センター~
宇賀部神社~亀川公民館~総合体育館



準備運動をゆるキャラたちと一緒にします。

地元のイメージキャラクター「海(かい)ニャン」と
和歌山ねんりんピックのマスコットキャラクター「きいちゃん」の
見送りを受けて出発です。

ブラスバンドの演奏もありました。

今日も歩き易い天候です。

とれたて広場では「みかんジュースとコロッケ」が
各々50円の割引でした。2.1㎞地点です。


JAながみね営農センターでは「ジュース」のおもてなしがありました。
スタートから3.2㎞地点です。

宇賀部神社です。スタートから5.6㎞地点です。

宇賀部神社では「バナナ・飴・お菓子」
そしてベリーダンス等のおもてなしがありおました。

亀川公民館では「ミニトマト・ポップコーン麦茶」の
おもてなしがりました。スタートから7.7㎞地点です。

最後の上りです。

いきいき広場では「ジュースなど」のおもてなしがありました。
スタートから9.5㎞地点です。
ゼリーすくいでは子供たちが楽しくチャレンジしていました。


13:00前にゴールしました。
ゴール会場ではブラスバンド演奏などのおもてなしがありました。

11㎞の参加者は344名、全体では1,446名、
二日間合計では3,021名でした。

 おもてなしの一覧表です。

 
周辺観光 17日(金)和歌山城

 
 
 和歌山城は豊臣秀吉の弟秀長により築城され、
後に徳川家御三家の一つとされました。

 
 
 
大天守からの眺めです。小天守が見えます。

 
 
 本丸御殿跡から天守閣を見たものです。

 
御橋廊下です。
殿様とお付の人、奥女中が二の丸と西の丸を行き来するためのものです。

 
 
 西の丸庭園の鳶魚閣(えんぎょかく)です。