ウォーキングイベント
パソコンではF11でフルスクリーンでご覧ください。

第19回下田水仙ツーデーマーチ   

   


平成29年1月7・8日に開催された
第19回下田水仙ツーデーマーチに参加しました。

7日(土) 20・10kmのコース
8日(日) 20・10kmのコース

主催:下田水仙ツーデーマーチ実行委員会
(事務局:下田市観光交流課・伊豆歩倶楽部)
共催:日本ウォーキング協会・静岡県ウォーキング協会・
静岡県ノルディックウォーク連盟・朝日新聞社
    
AJWC・THL・7HL・IVV(JVA)・500選の公式・認定大会

駐車場:会場近くに確保されていました。

周辺観光:大会参加にあわせて
6日(金)~9日(月)に浄蓮の滝・龍宮窟・来宮神社など
を観光しました。


7日(土)開国コース 20km
 道の駅「開国下田みなと」~伊豆東浦路古道~白濱神社~アロエの里~
玉泉寺~弁天島~了仙寺~長楽寺~和歌の浦遊歩道~
ペリー艦隊上陸記念碑~安直楼~道の駅「開国下田みなと」

  
一日目はグリーンのコースを歩きます。

出発式は受付が混雑したため少し遅れました。

晴天の中スタートです。
スタートでは水を頂きました。

「まどが浜海浜公園」には「龍馬志の像」など
モニュメントが設置されていました。

あちらこちらでアロエの花を見ました。

チェックポイントからUターンしたウォーカーとここで交差です。

とんどの準備が進められていました。

20kmのチェックポイントのアロエの里に到着です。
12月上旬から1月中旬まで「アロエの花まつり」が
開かれているそうです。

10㎞のチェックポイントの白濱神社に帰ってきました。
巨木は樹齢2000年だそうです。

白浜大浜海水浴場です。
砂は非常に細かく、海はコバルトブルーできれいでした。
若者が寒い中サ-フィンを楽しんでいました。


白浜大浜海水浴場に隣接した湾です。
ビューポイントになっており、駐車場が整備されていました。


弁天島です。
吉田松陰 踏海の地だそうです.


ここから下田観光のメインの一つといわれる
ペリーロードなどを歩きます。

ペリーと日本全権が日米和親条約付録下田条約を結んだ了仙寺です。

ペリー艦隊が行進したことで「ペリーロード」と名付けられたそうです。

日露和親条約が締結された長楽寺です。

和歌の浦遊歩道です。

下田海中水族館です。
ウォーキングコースから遠目で眺めることができました。

ペリー艦隊が上陸した地にはペリー像が建っていました。

 なまこ壁が美しい「旧澤村邸」です。

 
 お吉が晩年に開いた小料理屋「安直楼」です。

 
 
 
 20㎞の参加者は242名、合計では346名でした。
キンメダイの汁は既に無くなっていましたが、
スポーツドリンクを頂きました。

 
日(日)下田水仙コース 10km
道の駅「開国下田みなと」~ハリスの小径~瓜木崎入口信号~
恵比須島~須崎遊歩道~瓜木崎灯台~水仙まつり会場


二日目はオレンジのコースを歩きます。

天気予報では曇りのち雨で、雨は11時頃から降る予報です。
このため、9時からのスタートでしたが、
三々五々スタートしていました。
私も、8時35分頃に水を頂いてスタートしました。
途中までは、昨日のコースと重複です。

ハリスの小径は約700mの遊歩道です。

対岸に寝姿山が見えます。
女性が仰向けに横たわっているように見えることから
寝姿山の愛称で呼ばれているそうです。

雨の予報なので準備万端の参加者もいました。

瓜木崎入口信号付近ですが、風が強くなりました。
ここから山を下ったところにある恵比須島は
強風のためスルーしました。
コース図には強風注意の表示があり、
普段でも風の強い所なのでしょう。

漁港(須崎港)は風もあまり当たらず穏やかです。

須崎歩道を歩きます。
ここから瓜木崎バス停まで88分の表示です。

急な登り下りがありました。

瓜木崎まで1.6㎞です。

風が非常に強く歩きずらいです。風速9mでした。

瓜木崎灯台が見えてきました。

 
 水仙まつりが開催されている瓜木崎に着きました。
ここから先端の瓜木崎灯台に向かいます。

 
 椿の花が咲いたら綺麗でしょう。

 
 瓜木崎灯台です。
1937年(昭和12)4月1日に初点灯されたそうです。

 
 ゴールの水仙まつり会場に着きました。
水仙まつりは12月20日から2月10日まで開催されています。
約300万本の野水仙があるそうです。
ゴール前から雨がぱらついてきました。天気予報が当たりました。
ゴールで確認すると10分後の11時15分発の
バスがあるとのことなのでバス停に急ぎます。
ぎりぎりで乗ることができました。

 
下田太鼓の演奏ですが、ゆっくり聞く時間はありません。

 
記念品はライト付きのキーホルダー等でした。