旅  行
パソコンではF11でフルスクリーンでご覧ください。

鋸 山

  

平成28年4月9・10日に開催された
「第10回下総・江戸川ツーデーマーチ」に参加するのに合わせて
8日(金):千葉県富津市の鋸山を観光してきました。


 
内房線浜金谷駅です。
荷物は駅前の釣具店に預けました。(200円)

行きは「鋸山ロープウェー」に乗ることにしました。
駅から歩いて約10分、乗車時間約4分、片道500円です。

拝観料が600円かかります。

結構急な坂や階段があります。

百尺観音です。
昭和41年に6年の月日を費やして石切の跡の絶壁に
刻み込まれた高さ30mの大観音石造です。

地獄のぞきです。
「日本国内の死ぬまでに一度は行きたい観光名所」
に使われ写真の場所です。

高さ31mの日本一の石大仏です。

不動滝です。

東海千五百羅漢、県指定名勝です。

下りは百尺観音の場所から「車力道」を降ります。
その途中で「地獄のぞき」を見たものです。

鋸山は海抜329m、
石を切りだした岩肌が鋸の歯のように鋭いことから
その名が付いたといわれているそうです。

垂直面が96mもある「ラピュタの壁」です。

人が一人通れる急な階段です。

逆方向から見た「地獄のぞき」です。

鋸山は良質な房州石の産地で、
江戸から明治にかけて盛んに切り出されたそうです。
(昭和50年代まで続く)
切り出すにしても相当な技術が必要だったでしょう。

「地球が丸く見える展望台」からの写真ですが、丸く見えますか?

荷車の轍が残っている車力道です。
浜金谷駅は1時間に1本の列車しかありませんから注意が必要です。